バレンタインの由来

スポンサードリンク

バレンタインの由来は、3世紀のローマに実在したキリスト教司祭バレンチノ(英語読みでバレンタイン)からきているとされています。

このバレンチノは、愛する人の元を去りたくなく兵士になりたがらない若者に皇帝が出した結婚禁止令を見かね、こっそり結婚させていました。 その罪で投獄され、2月14日に処刑されてしまったのです。

また、ローマでの伝統的なお祭りの形がかわり、2月14日にキリスト教の聖人を奉る日とされこのバレンチノが守護聖人となったそうです。

そして、この日は互いにカードや花束を贈りあい、愛を深める行事となりました。

イギリスのチョコ会社が、ギフト用チョコボックスを発売したことから、時代とともに、チョコの消費量が増えたことから、チョコも必須アイテムとなりました。
ちなみに、バレンタインのお返しに3月14日にプレゼントを贈るのはアジア特有です。

アメリカに住んでいる時に3月14日を体験しましたが、何も変わらないいつもと一緒の一日が流れ拍子抜けでした。 3月14日がどれだけ定着しているか身をもって経験したものです。

バレンタインのお返しにはこちら

バレンタインとホワイトデー

バレンタインのお返し日、ホワイトデー。 これは、バレンチノ司祭が殉教して一月後に恋人たちが改めて愛を確かめ合ったという日とされ、全世界で呼び名こそ違うけれど語り継がれてきました。

ホワイトデーという名前は日本固有のもので、もともとはお返しにキャンディーをあげたらどうかとお菓子業界が始めたものでしたので「キャンディーの日」という名前が候補としてあがったそうですが、「ホワイト=純潔のシンボル」ということから、「ホワイトデー」となったそうです。
バレンタインのお返しにキャンディーやマシュマロを贈るようになったのは、実は日が浅く、1980年からです。

私はアメリカ留学をしていたときに2月14日を体験し、チョコをあげたのですが、あちらではお互いにあげあう文化。 日本でのお返しの文化を説明すると、とても興味を持たれました。

お返しはディズニーシー?

バレンタインのお返しとしてディズニーシーでのデートをプレゼントも喜ばれると思います。
ディズニーランド・ディズニーシーでは、2月14日、3月14日に合わせて恋人たちのセレモニーや、ミッキー・ミニーによるパレードなど、カップルを意識したイベントが楽しめます。
ディズニーシーは、ランドと比べると家族連れよりもカップルのほうが盛り上がるようなロケーションであったり、建物であったり、アトラクションであったりしますので、一緒に出かけるのはどうですか?
初めてのデートとしても、日ごろと違うデート地としても、ぴったりです。
センスのいいプレゼントを贈ることも3月14日に男性が考えないといけないことの一つですよ。


お返しにスイーツはどうですか?

バレンタインのお返しにスイーツは根強い人気があります。
お返しにかける予算は、1000円〜2000円が男性全体の約30%。そして驚いたのが10000円〜20000円が約14%もいたこと。
特に20代の社会人と40代には10000円以上20000円以下という予算を組んでいる人が多く、3月の懐事情を考えると大変です。
「3倍返し」とちまたでは言われていますが、まさか、こんなに数字で出てくるとは…。 何をあげていいのかと困っている人にお勧めなのが、限定のスイーツ。
意外とキャンディーやマシュマロよりは、クッキーやチョコをほしがる人は多いのです。 そして、「限定」という言葉に女性は弱い…。 このシーズンは各ケーキ屋や洋菓子屋は繁忙期の一つ。
ですので、ケーキやお菓子の詰め合わせなど、各お店趣向を凝らした商品が並ぶはずです。 人気のあるお店の限定スイーツは、バレンタインのお返しに喜ばれるはずです。