眼科の視力回復

スポンサードリンク

眼科の視力回復は、今ではレーザーやレーシック等かなり科学的になってきています。

でも、レーシックはまだまだ安全が100%保証されているわけではないし、レーザーを目に当てるのもやっぱり怖い。

できるなら、手を加えずに視力回復を図りたいですよね。

中には、全く手術を行わない視力回復方法もあります。

オルソケラトロジー(角膜矯正療法)では、患者の角膜の形状を医療機器で測定し、オーダーメイドしたコンタクトをはめる(このコンタクトはそのつど検査して取り替えていきます)ことで徐々に視力を回復させていく方法、というのもありますよ。

視力回復の体操 関連商品はこちら

視力回復 体操

視力回復が体操しながら、自力でできるならどんなに嬉しいでしょうか。
そう思って「視力回復 体操」で検索をかけてみると…出てくる出てくる、けっこうあるものなんですね。
「水晶体体操」「クルクル体操」など、体操の名前だけでも妙に気になるものが多いですが、共通するのは「眼球の周りの筋肉を動かす」ということ。
近視になってしまうのは、長時間の本やPCをじーっと見ていると、眼球の水晶体の周囲にある毛様体筋が固まってしまって、ピントの調整がうまくできなくなってしまうからです。
なので、視力を戻すにはこの毛様体筋を活発に動かせるように=眼球周りの筋肉を動かすようにする必要があるんです。

自力で視力回復

自力で視力回復を行う体操は数多くありますが、その中でもおそらく最もインパクト大な体操が、経営コンサルタント・船井幸雄氏が提唱している「両手振り体操」プロジェクトでしょう。
その方法はとても簡単。毎日5分、立った状態で前後に腕を揃えて、思い切り振り続けるだけです。
これで視力がすぐよくなるかというと、なりません。まずこの腕振り体操をすると肩の筋肉が思い切り動くので、肩と背中の歪みが治ってきます。
すると、首の血行もよくなります。視力が落ちてきている人は首や肩、背中のコリがある人が多いからか、その流れで視力もよくなってくるとか。
このプロジェクトの提唱者の船井さんも、視力回復には3年近くかかった、といいます。
「嘘だー」と思われるかもしれませんが、方法はいたって簡単ですしお金はかかりません。
とりあえずやってみたら肩こりが少しほぐれていい気分になったので損にはならないと思います。


子供の近視回復

子供の近視が、以前より増えているといいます。だからと言って、メガネやコンタクトを小さい頃から使うのはちょっと…と思うお母さん方もいるかと思います。
子供の場合、目などの組織がまだ成長しきっていない頃ならば、「遠くを見る」「眼球体操」「視力回復マジック・アイ(本)」等の手段を利用しても直る余地があるようです。
眼科に相談する場合は「眼鏡やコンタクトは使わないで視力回復させたいのですが」と相談してみるのも手ですよ。

視力回復のサプリ

視力回復のサプリメントは本当に効くのか?というのは誰しもが思うことだと思います。サプリを飲むだけで良くなるなら、みんな飲んでいるところですよね。
視力回復のサプリメントの代名詞でもある「アントシアニン」は、筋疲労を抑制する働きがあり、臓器障害やしみ・しわ、皮膚がんの原因になる過酸化脂質を抑えるという効用があるそうなのです。
視力回復に効果があるというと、あることはあるのですが、即効性がありすぎてすぐに効果がなくなってしまうのです。
アントシアニンを利用して視力を回復しようとする場合は、大量のブルーベリーを毎日摂らなければいけないようです。 「効いたらいいな〜」と言う気分でサプリは利用したほうがいいみたいですね。