東京白金のBARデート

スポンサードリンク

東京の白金にできた新しいバー、それが「プラネタリウムBAR」です。

ビルの最上階に有るこのバーは、天井がドーム状になっていることを利用して、決まった時間にプラネタリウムの上映を行っているのが売りです。

プラネタリウムの機械も、プラネタリウムクリエーターの第一人者・大平貴之氏制作の「メガスターゼロプラチナ」で、天の川も完全再現する本格派。

そのプラネタリウムの美しさが評判のためか予約も殺到中で、12月の予約は電話のみ。

しかもバリュープラン(2人で6,000円のプラン)の予約は停止しているそうなので、デートに行ってみようかな〜などと思っている方は、注意してくださいね!

自宅でプラネタリウムバー 商品はこちら

バーでデート

バーは夜のものだから行ってみたいけど、デートで行きたいけどお酒はちょっと苦手だし…と行くのを躊躇している人も、プラネタリウムバーなら安心です。

プラネタリウムバーは夜のBar Time(19:00〜27:00)の他にも昼にCafe Time(12:00〜17:00)があって、入場料+1ドリンクなら1,200円、それにドリンクかデザートをつけて1,500円(両方つける場合は1,800円)で、プラネタリウムバーを楽しむことができます。
昼のメインはソフトドリンクですが、「いや!やはりバーなんだからお酒を!」という方にもビール、ワイン(赤、白、スパークリング)を選ぶことができます(お店のカラーなのか、焼酎や日本酒はないようです)。

プラネタリウムバーでカクテル

プラネタリウムバーは東京でも白金だけにあるバーです。
お値段は基本料金が「2ドリンク3,150円」か「フリードリンク(飲み放題)4,200円」の二種類。食べ物や好きな日時の星空の上映(15分、1,500円)、ワイン・シャンパンのボトルキープ(日本酒や焼酎のボトルキープではないのがポイントでしょうか)、名物カクテルのスノーウィーは別料金になるそうです。
フードメニューはプロシュートやパニーニ、ピザなどイタリアンが中心ですが、注目なのは「宇宙食カレー(1,000円)」。なりたくてもなかなかなれない宇宙飛行士が食べているものがどんなものなのか、一度は試してみてもいいのでは。


プラネタリウムのレンタル

プラネタリウムのレンタルも、プラネタリウムバーでは行っています。結婚式でのレンタル有料出張上映(1時間〜、4万円。10:00〜18:00)の他、店とプラネタリウムの無料開放(教育目的に限ります)、病気の子供のための病室内への無料出張もあります。
学校への出張レンタルも通常の半額で行っているそうなので、気になる方はバーの担当者へお電話を。

プラネタリウムバーのカクテル

バーといえば、やっぱりお酒。美しい星を見ながら美味しいお酒をいただけたら嬉しいですよね(普通のプラネタリウムで飲みながらというのは無理ですし、この季節は寒いので室内でお酒は飲みたいですからね)
そんなプラネタリウムバーの名物カクテルが、「スノーウィー(1,500円)」。
よく冷えたグラスに特殊な冷蔵装置「マジコール」で-6℃まで冷やしたアルコールを注ぐことで、文字通り雪のようにほんのりと凍ったカクテルができるのです。雪を食べているようと評されるその食感はまさに新感覚。
今年の冬は雪のカクテルで乾杯、なんていかがですか?