無印良品の通販

スポンサードリンク

無印良品の商品は通販でも買うことができます。

24時間受付で、MUJI.netメンバーに登録すると、メンバー限定オフプライス5%引きでもできます。
ですから、今人気の湯たんぽは小さいサイズは840円から5%オフに、大きなサイズでも、1155円から5%オフになるということです。

このメンバー登録は無料なので、登録しておくとよさそうですね。
無印良品のカタログも無料でもらえるみたいですよ。
店舗まで足を運ばなくても、カタログを見ながらゆっくりと欲しい物を探すという買い物はいかがですか?

湯たんぽはこちら

無印良品の湯たんぽ

無印良品から湯たんぽが発売されました。
お湯を入れるだけで足を暖めると体全体が温まると昔から重宝されてきた冬アイテムですが、エコにいいと再注目されています。 無印良品のオリジナル湯たんぽはポリエチレン製のもので、軽くて持ち運びに便利です。
2Lサイズの大きなサイズと470mlの小さなサイズがあります。
大きなサイズは寝るときの足元にちょうどいいサイズですし、小さなサイズはペットボトル程度しかお湯の必要がないので、オフィスでのデスクワークの時に膝の上に置いておくのにも邪魔にならないサイズですよね。
湯たんぽを使ったことがある人ならわかると思いますが、どこまでお湯が入っているかわからなくて吹きこぼしてしまう場合も少なくありません。 無印良品のは中身がしっかりと見えるように、無着色になっています。
ですから、どこまでお湯が入っているか一目瞭然で、安全に使うことができます。

湯たんぽのカバー

無印良品では湯たんぽのカバーもたくさん取り扱っています。
最近はレンジで温めて使うタイプのものや、電気を使ってのものがありますが、昔ながらの湯たんぽのよさは、かわいいカバーを楽しめるところ。 カバーなしで使ったら低温やけどをしてしまいますから絶対だめですよ。
私も抱いて寝たらカバーをしてても、低温やけどしてしまいましたもん…。
私がいいなと思ったのは、マイクロファイバーのカバー。
黒・白の二色があるのですが、ふわふわですごく気持ちがよさそう。 ついつい胸元に抱いて寝たら気持ちがいいだろうなと思ってしまいました。 でも、低温やけどするからだめですよ!

湯たんぽでエコ

湯たんぽはエコ商品として再注目されています。
無印良品のでいえば、多くても2L程度のお湯で一晩中暖かく過ごせるし、冷たくなってしまったお湯はそのまま洗濯機の中に入れて洗濯水として使うもよし、草木の水に使うもよしと使い方次第では何度も水色々なことにも使えて、とても経済的です。
雪が降るほど温度が下がってしまった日の夜など、屋根のないところに車を置いておくと窓ガラスが凍ってしまっていることがあるのを体験したことがある人は、「ここにお湯があれば…」と車が温まるまで寒い車内から窓ガラスとにらめっこをしたこともあるのでは?
そういう時にも朝から使っていて少しぬるくなった中のお湯は役立ちそうですね。 そう考えると、持ち運びができるサイズの無印良品の小さなサイズはいいなと思います。