毛糸のパンツ

スポンサードリンク

毛糸のパンツは、寒くなってくるこの季節に一枚履いておくと腰が温まって嬉しいアイテムです。

腹巻に抵抗がある、という方もこっそり履けるので使いやすいのではないでしょうか。最近はカラフルで柄付きの物もあるので選ぶ楽しみも増えてきました。

あと、元気に寝返りを打ってしまって腹巻がめくれてきてしまう子供にも毛糸のパンツは最適。
お腹もカバーできる子供用のものを選べば、寝冷えゼロで過ごせますよ!

子供用の毛糸のパンツはこちら

ガチャピン柄の毛糸パンツ

ガチャピンとムックいえば子供用番組「ひらけ!ポンキッキ」の名物キャラクターの怪獣の子供ですが、このガチャピンをモチーフにした毛糸のパンツが販売されています。
それは、株式会社イソカイが製造・販売している「ガチャピンマシュマロパンツ」。 ガチャピンの黄緑色のボディと眠そうな目、二本のかわいい歯をパンツの表面で再現。それだけでなく、ウールを使わずナイロンなどの軽い合成繊維で作ったパンツはマシュマロの名前にふさわしく、ふわふわした肌触りは普通のものとは一味違います。
このガチャピンパンツ、嬉しいことに子供用もあるんです(フジテレビキッズオフィシャルオンラインショッピングサイト等の通販サイトで購入可、1,659円。画像も確認できます)
こちらはすそにトレードマークのピンクと黄色の縞模様をあしらい、しかもかわいいフリルつき(なお、細身・小柄な方なら子供用も履けますが、ガチャピンの顔はかなり伸びて伸びて横長になるとか…)
「もこもこしてイヤ!」というお子さんも、ガチャピンと一緒なら喜んで履いてくれるかも?

ワコールの毛糸のパンツ

ワコールの毛糸のパンツはキャラクター物が充実しているのが特徴です。ハローキティやミッフィー、チャーミーキティなど、可愛くてかつ、ミニサイズのカイロを入れたり小さくたたむことができるポケットが内側についているあたり、機能性も抜群です。

お値段は1,575円(キャラクター物は2,200円)からと少々お高めですが、そこは下着メーカーのワコール。
しっかりした作りなので、めちゃくちゃに酷使しないかぎりはワンシーズンでへたることはありません。
ちょっと残念なのが、ワコールの毛糸のパンツは子供用がないということ。子供用でもこういう可愛いものがもっと増えると、子供も楽しいでしょうね。


毛糸のパンツの画像

毛糸のパンツの画像を見ていて思うのは、「男物の毛糸のパンツって見当たらないな」ということです。
毛糸のパンツは大人用も子供用も、女性向けはかなり充実しているのに男性向け…というものはありません。
インターネット通販大手の楽天とYahoo!ショッピングのメンズインナーコーナーで「毛糸のパンツ」を検索しても「全滅」とのお答え(以前製造メーカーのイソカイも出店していましたが、閉店したようです)

でも、冬場のスキーや登山時に、トランクスの上に一枚あるととても便利なのがこれ(見た目はかっこ悪いかもしれませんが、目をつぶりましょう)。よく目にするのは大手量販店や百貨店です。下着売り場に足を運ぶのはちょっと周りの目が気になるし気が引けるかもしれませんが、勇気を出して行ってみましょう。

子供用 毛糸のパンツ

子供用の毛糸のパンツは選ぶのが難しいもの。子供用どころか、小さな赤ちゃん向けウール100%の物はないし…とお悩みの方もいるのでは。
ならば、最後の手段。手作りです。編んでしまいましょう!
子供用の物に関して必要な毛糸の量や編み方(編み図も)をブログにアップしている方もいますが、侮ってはいけないのが「年代物の編み物本」。
デザインはさすがに懐かしいものばかりですが、その昔はしっかりその編んだものを使用していたのですから実用性もあります。
昭和のものだったら、編み方の説明もわかりやすいはずですよ(図が付いているものを選びましょう)。